• 大木町の家
  • 大木町の家
  • 大木町の家
  • 大木町の家
  • 大木町の家
  • 大木町の家

大木町の家

3方を水田に囲まれ、水平に遠く視線が抜ける 長閑な敷地に建つ平家の住宅です。水田の農薬散布や、PM2.5や花粉を取り込みたくないという要望もあり、この家の広間からは庭に直接出る窓はありません。その代わりに、水平に抜ける視線を家の中からも存分に味わうための大きな出窓を作りました。この出窓は奥行きが50cm程あるので、ベンチやカウンターになったり出窓自体が居場所となることで、物理的には遮断されている外部と広間の間を取り持つ場となっています。

  • 所在地:福岡県三潴郡大木町
  • 竣工年:2017.04
  • 床面積:116㎡(35坪)
  • 撮影 :相良友也